一般歯科

なるべく身体を傷つけないむし歯治療を行います

一般歯科とは、主に、むし歯治療を行う診療科目です。しかしまず、むし歯治療はむし歯を「治癒する」ことはないということを知ってください。むし歯に冒された歯はごく初期でない限り、自然に治りません。むし歯が進行すると、歯を削る処置が必要になります。処置を行えば、痛みやしみるといった症状は改善されるかもしれませんが、それは患部を削り、人工物(歯科素材)と置き換えているにすぎないのです。つまり、ご自身の天然の歯質は失われることになり、ひいては歯の寿命を縮めてしまうことになるのです。

むし歯は歯垢(プラーク)の中で増殖した病原菌が、食べ物などの糖分をもとに酸を出し、歯を溶かしていく感染症です。予防のできる病気ですので、ご自分の歯を長く使えるように、症状が出る前に予防歯科を利用しましょう。

当院のむし歯治療

当院では、患者様の天然の歯質を必要以上に削らない処置を行うよう心がけています。歯を削る機械につける器具はなるべく小さい物を用い、頭の部分も限りなく小さく作られたダイヤモンドバーを採用しています。複雑な形状のお口の中を治療するにあたり、健康な部分を傷つけないように、精密で丁寧な処置を行います。また、レーザー治療器を使用して、むし歯菌を除去する治療を導入しています。レーザー治療には、レーザーを照射した部位をむし歯になりにくくするといった効果も期待でき、再発予防にも活かすことができるのです。

むし歯の進行段階と治療法

むし歯は、進行段階によって治療法が異なります。進行すればするほど、治療は長引き、大切な歯を大きく削ることになってしまいます。むし歯かなと思う症状があれば、お早めに歯科医院を受診するようにしてください。

進行段階 症状 治療法

C0【ごく初期のむし歯】

C0【ごく初期のむし歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切な歯磨きやフッ素塗布で治ることがあります。

C1【エナメル質のむし歯】

C1【エナメル質のむし歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2 【象牙質のむし歯】

C2 【象牙質のむし歯】

エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3【神経まで達したむし歯】

C3【神経まで達したむし歯】

神経までむし歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4【歯根まで達したむし歯】

C4【歯根まで達したむし歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジなどで失った歯の機能の回復を図ります。

当院のむし歯治療

むし歯が神経にまで達してしまった場合、そのまま放置してしまうと抜歯になってしまうため、歯を抜かずに残すため歯の根の中から神経を取り除く根管治療が必要になります。しかし、神経を取った歯は長持ちしにくく、神経を取ってしまったために起こる病気も存在します。そのため当院では、神経を取った歯に起こりやすい病気を予防するために、根管治療時にレーザー治療器を採用しています。神経があった部分にレーザーを照射することで、歯質が守られ、病気予防が期待できるのです。

知覚過敏について

知覚過敏とは、歯の表面にあるエナメル質が削れ、神経に近い象牙質が露出し、そこからの刺激が神経へ伝わりやすくなっている状態のことをいいます。知覚過敏になると、冷たい風があたるだけで歯がしみることさえあるのです。当院では、露出した象牙質にレーザーを照射し、刺激を伝える象牙細管を封鎖する治療を行っています。レーザーを使うことで、歯を保護し、しみない、むし歯になりにくい歯を作ります。

東京都中央区|診療予約|齊藤歯科医院