予防歯科

予防歯科でできること

むし歯も歯周病もお口の中の感染症です。いずれの病原菌も、歯垢(プラーク)や歯石の中に棲息しています。さて、よく耳にするこの歯垢ですが、いったいどんなものかご存じですか? 歯垢は食べかすではなく、生きた細菌の集合体、細菌の塊。歯の表面につく透明のヌルヌルした状態のもの、それが歯垢で、お口の中で歯の表面で石灰化したものが歯石です。この歯垢・歯石を増やさず、取り除くことで病気を未然に防ぐのが予防歯科の役割です。

定期検診のススメ

お口の健康を維持するためには、毎日のセルフケアがもっとも大切です。しかし、セルフケアでは落としきれない汚れがあります。これを補うのが歯科医院での定期検診です。お口の中にトラブルがなく、よい状況であっても、少なくとも年に2回の定期検診を受診されることをおすすめしています。

通常、むし歯で歯が痛くなったり、歯周病のサインを見つけたりしてから駆け込まれる歯科医院。しかしながら、痛みや異変を感じてからのご来院では、患者様としては気持ちの余裕がなく、歯科医師としても、患者様のライフスタイルや健康状態を把握しきれないまま治療を行うことになってしまい、望ましいこととはいえません。できることなら、歯科医院との信頼関係を築いておくためにも、トラブルが発生する前に定期検診を受けていただきたいと考えています。

当院の予防歯科

当院では、予防歯科でもレーザーを使用しています。レーザーで歯石を軟らかくし、歯石をきちんと取り除きつつ、歯の表面をレーザーによって強化することで、むし歯や歯周病を予防します。

歯磨き指導

歯磨き指導

お口の健康維持のためにできる、もっとも身近なセルフケアが歯磨きです。むし歯予防としては、歯垢を落とすために、歯の表面を念入りに行うことが大切です。若い方のむし歯は歯の見えやすい箇所にできやすく、年を重ねると歯と歯の間・歯の根の周りなど見えにくい部分にできやすい傾向があります。

また歯周病予防としては、歯と歯ぐきの間をきちんと磨くことが大切。なお力を強く入れ過ぎた歯磨きはかえって歯や歯ぐきの組織を傷つけ、知覚過敏などにつながるため注意が必要です。

当院では、患者様のお口にあった方法で、丁寧に磨き残しのない、効率のよい歯磨き方法を指導しています。使用する歯ブラシやデンタルケアグッズの選び方についてもアドバイスさせていただきますので、遠慮なくご相談ください。

口腔機能水でのうがい・口ゆすぎがおすすめです。
当院がデンタルケアグッズとしておすすめしているもののひとつが、診療時にも導入している口腔機能水(次亜塩素酸水)です。口腔機能水には歯周病や虫歯の原因菌を除去する働きがあり、口腔ケアにとても効果的。口臭予防も期待できますので、口臭が気になるという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

ご自身で毎日しっかり歯を磨いているつもりでも、それだけでは限界があります。特に磨き残しが起こりやすいのが、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間。また、ご自身の利き手とは逆の位置の歯は十分に磨けていないことがよくあります。

PMTCでは除去専用の器具を用いて、プロの視点で徹底的に研磨・清掃し、ツルツルピカピカに磨き上げます。徹底的に磨き上げられた歯には歯垢が付着しにくくなり、お口の中もさっぱりした感じが長期間維持できます。定期検診の際にPMTCを受けることで、お口の健康管理としてより高い効果が期待できるでしょう。

東京都中央区|診療予約|齊藤歯科医院